earthproject

"自分のどまんなかで生きる"

自己探求の旅 ”seed”の1期を終えて

f:id:earthproject:20181222191011j:plain

 

自分のどまんなかにアクセスする自己探求プログラム ”seed” の2ヶ月にわたる全4回の1期が終了しました。

 

▼seed

https://peraichi.com/landing_pages/view/playful

 

私たちは「自分のどまんなかで生きる」というコンセプトのヒミツキチ森学園をプロジェクトメンバーと共に2020年の開校を目指して日々活動をしていますが、あくまでもこの学校プロジェクトは、実現したい世界への橋掛かりとなるベースキャンプ。

その根底には「誰もが自分のどまんなかで生きられる世界」の実現という目的があります。

 

”自分のどまんなか”

 

この捉え方は一人一人異なるし、言語化した時に出てくる言葉も人それぞれ。

逆に言うと、これは本人にしか分からないもの。

一人一人にタイミングというものがあって、誰かの成功事例を真似たりしてアクセス出来るものではなく、本当の意味で自分を知った瞬間に腹落ちするもの。

 

人によっては衝撃的な出来事の渦中に触れるかもしれない。

段階的に二歩進んでは一歩戻りながらグラデーションのように触れていくのかもしれない。

ふとした瞬間見つけていたことに気付くかもしれない。

本当に人それぞれの形がある。

 

 

seedは今ここに流れる一人一人違うストーリーを、一緒に並走しながら進んでいくプログラム。

 

本当に一人一人に全く別のドラマがあり、歩いてきた背景があり、感じている感情がある。その中で、共に余分に抱え込んでしまっていた荷下ろしをしたり、長年使われてこなかった部分にかぶっている埃をt落としたりしながら、自分のストーリーの「今」に向き合う時間。

f:id:earthproject:20190413203400j:plain

 

1期は6名のメンバーと共に並走させてもらって、2ヶ月間共にはしってきました。

 

これまでの生きてきた人生の棚卸しをしていくわけなので、

時にぐちゃぐちゃになって、混乱して、立ち止まって目を背けたくなることもある。

心と脳の声がバラバラになって押し寄せてきて、今まで信じていたものがガラガラと音を立てて崩れていくことに絶望したりもする。

自分の本当の内なる声なんて聴こえないんじゃないかと不安になったりもする。

 

でもseedは、仲間と共に進んでいくプログラムなので、

そういうときに共に隣をはしる仲間と共に対話しながら、少しずつ感情を紐解くように、凝り固まった何かを溶かすようにして、ぽつりぽつり本質に触れだす瞬間がある。

f:id:earthproject:20190413204303j:plain

 

これは決して私たちの力によるものではなくて、本来誰しもが持っているもの。

自分の内に既にあるもの。

 

私たちはただこの”時間”と”環境”を用意しているだけ。

みんな、それぞれに必要なタイミングで必要な物を必要な分だけ手にしてまた歩き出していく。

 

 

今回1期を終えて、今強く想うことは、

人間とは限りなくシンプルであって、限りなく愛の生き物なのだなと。

 

 

本当に本当に、誰しもがこれでもかというくらい絶妙なタイミングで、

本来自分の中に眠っている宝物を掘り返して思い出していく。

そしてまた新たな選択と行動の中でどんどん進化させていく。

 

今全くそれに触れられないということがあるならば、

今の自分にとって不必要な何かを抱え込みすぎていたり、埃をかぶっているだけ。

怖れも迷いも敵ではなくて、”自分を知る”と自ずと融解されて溶け出していく。

自分にとって必要なものだけが残り、不必要なものは手放されていく。

 

 

seedの大切な一歩となる1期のみんなに、私たちの方が、今回改めて大切な宝物を思い出させてもらい、かけがえのないたくさんのギフトをもらいました^^

 

1期のみんな、本当に本当に一生忘れられない最高な旅でした!

そしてこれからもヒミツキチプロジェクトの中で一緒に旅していきましょう^^

 

 

これからも、「今」このタイミングを必要としている人に届けられたらこの上ない幸せです^^

心に何かピンとくる方、是非2期でお会いしましょう!^^

 https://peraichi.com/landing_pages/view/playful

 

f:id:earthproject:20190413203446j:plain

 

ことば

明日のイベント準備をしながら、普段何気なく使っている「ことば」というものについて考えてみた。

 

ヒミツキチ森学園やPLAYFULとして活動するようになって、「ことば」というものを”感じる”機会も、見つめ直す機会も、発することも会社員の頃に比べて格段に増えた。

私は順序立てて分かりやすく伝えることがものすごく苦手で、目の前の人だったりその場から感じるエネルギーに共鳴した”今”感じることばをからだ全体を使って発する癖があるので、

時に全く伝わらなくて苦笑する時もあれば、

意図していない方向で伝わってしまうこともある。

そしてものすごくエネルギーを消費するのでイベント後動けなくなる時もある。笑

 

そういう時はPLAYFULの二人だったり、ヒミツキチプロジェクトのメンバーがとても丁寧に分かりやすく翻訳してくれる。笑

というかそれで成り立っている。笑

 

少し前までは、

どうやったらインパクトあることばを届けられるんだろうとか

どうやったら人の心に響くことばになるんだろうとか

代表としてことばを選んで意識して発してみたりだとか

正直に言うと少しかっこつけてことばを発していた時期もあった。

 

でも最近は自分の心がそこに対して”Yes"と言っていないから

少し前にぜーんぶやめた。

 

それでもやっぱり全然伝わらない時もたくさんあって

頭を悩ますときもあるんだけど、笑

でも私がことばを着飾った瞬間に、本当に本当に届けたい人に届かなくなるんだなってこの一年の中でとことん知った。

 

 

だからヒミツキチに遊びにきてくれる子どもたちにも私はことばを選ばずにその時一番感じたエネルギーのまま伝えているし、

うちにくる子たちからも

「校長先生ってもっと偉くて誰でもなれないような仕事なんだと思ってたけど、ちほやん全然校長っぽくないね。笑」

と言われる。笑

 

だって、校長先生だって完璧じゃないし、教壇に立つ先生だって完璧じゃない。

だから子どもたちだって完璧じゃなくたっていい。

 

間違えたら訂正すればいいし

分からなかったら聞いたらいい。

自分一人で出来ないなら誰かと一緒にやったらいい。

かっこ悪くてもいびつでも笑われても、自分の心が”Yes"と言っているならそれでいい。

 

それよりも本当に自分が「今」感じて感じてるものを

宝物を見せ合いっこするみたいに

一緒にシェアして一緒に感じる時間を大切に出来たらいいな。

 

みんな自分がもつ「ことば」の性質や色を知って

誰の色でもない自分の色で対話することが出来たら

それこそ色んな色のビー玉みたいが集まった宝箱みたいにキラキラが凝縮してそこに集まるんだろうな。

 

一般常識や正解からはみださないことよりも

自分のどまんなかからあふれ出してくることばを私は発したい。

 

明日のイベントも楽しみ^^

さて、準備せねば。笑

f:id:earthproject:20190331010306j:plain

 

冒険の入り口

f:id:earthproject:20190117001408j:plain

 

ヒミツキチ森学園の

サマースクール、オータムスクールに続き

ウインタースクールの開催が決定しました!!!!^^

 

夏は「秘密基地」、秋は「秋祭り」

次なる冬のテーマは・・・

 

 

「冒険の入り口」

 

です!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「勇者」が1人だけとは限らない?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

例えば、通常のRPGロールプレイングゲーム)では

1つのパーティに「勇者」はひとり。

でも、みんなが人生の「主人公」になり、

心から楽しめる役割に出会うなら、

「勇者」が何人いても良い!

「主人公」の数だけストーリーがある。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
対話をベースにしたRPGでそれぞれの冒険がはじまる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

年中から小学6年生までの年齢のお子さまを対象とした

対話ベースのRPGロールプレイングゲーム)を通して

それぞれの「冒険」に出かけます。

 

ご一緒に参加される保護者のみなさまにも

「冒険」をご体感いただくための

RPGアクティビティをご用意しています。

 

子どもも大人の垣根なく、参加者全員が

それぞれの「冒険」を体感してもらう1日になります。

 

 

・自分はどんな状況に心がワクワクするのか

・どんな方法が考えられるのか

・何の役割がしっくりくるのか

・何をどう提供しどんな価値を付けていくのか

・誰にどんな風に聞いたら解決できるのか

 


「対話」を通じて「自分」を知り、

仲間を見つけて「共創」することで

変化を恐れず、自分らしい人生の「冒険」を

選びとる力を学びます。

 

対話をベースとしたリアルRPG

子どもも大人も「自分のど真ん中にある冒険」に出会い、

自分の役割を味わいきる冬のイベント「ウィンタースクール」です。

 

 

「冒険の入り口」で、みなさんをお待ちしています!!!^^

 

 

#ヒミツキチ森学園
#ウインタースクール
#冒険の入り口


▼詳細はこちらからどうぞ^^
https://peatix.com/event/593173

 

 

 

PLAYFUL=アソビゴコロ

皆さま明けましておめでとうございます。

 

 

大発光して雷光が落ちてきた去年の大晦日とうって変わって

今年はとても穏やかに新年を迎えました^^

 

 

ついに2019年。

 

来年の2020年4月に開校する私たちのヒミツキチ森学園にとって

いよいよラストスパートの一年になります。

 

 

 

2017年の大晦日の夜。

絶対にこのタイミングは逃してはいけないような気がして、全ての予定を突然断り、

2017年に置いていくものと2018年に持っていくものを

自分の今まで見ないふりをしてきたところ全てと真っすぐに向き合って

嗚咽しながら涙を流し流し腹を決めて仕分けをした。

 

そしてたった一つだけを抱いて2018年を迎えた。

 

”自分のどまんなかで生きる”

 

 

そしてその決意を待っていたかのように

新年すぐに運命的なパートナーちえちゃんとの出逢いが訪れ

 

続々と素敵な人たちとの出逢いに恵まれ

3月21日、雪の降る春分の日に、最高のメンバーに囲まれはじまりの鐘を鳴らした。

 

 

がっこうの作り方なんてどこにも書いていなくて

でも頭の中にあるのはどこかに書いているような学校ではなくて

右も左もわからないまま

たくさんの壁にぶつかりながら

ただただ自分の心の震える感覚だけを信じて走ってきた。

 

たくさん失敗してたくさん涙も流した。

でもどんな時だって、その何倍も自分のこころが喜んでいる事だけは分かっていたし

不思議と怖れは全くなかった。

色んな出逢いと別れを見て

そしてたくさんの人の笑顔と応援のエネルギーに触れた。

 

 

サマースクールのタイミングから

最強のメンバーみっちゃんと出逢い

PLAYFULは一気に加速。

秋には無事法人化も出来て

正に2019年に向けたスタートダッシュを切り

今後人生を賭けてやっていくもう一つのプログラム”seed”もようやくリリースすることが出来た。

 

 

3月にキックオフしてからの9ヶ月半。

無我夢中に走り続けてきて、気付けばプロジェクトメンバーが169人にまで増えた。

 

 

私がここでずっと火を燃やし続けられているのは

本当にこのプロジェクトメンバーや

PLAYFULメンバーや

それ以外にも本当に私たくさんの人たちに支えられて生きてる。あぁ、、涙



私はこの人たちがいなかったらここまで来ることが出来なかったし

こんな景色はひとりじゃ絶対に見れなかった。

こんなにも愛に満ち溢れた毎日を送ることもできなかったかもしれない^^


ただただ、みんながありがたい^^ 



PLAYFULのミーティングは本当にいつもお腹がよじれるほど笑って

全力でぶつかって話して

時に涙して

直後にまたお腹がよじれるほど笑ってる。

 

 

これが自分の仕事だなんて信じられないくらい

本当に毎日が学園祭の準備みたいで

とてつもなく幸せに満ちている。

 

 

PLAYFULの意味は

 ”アソビゴコロ”

 

 

2019年もアソビゴコロMAXで

あそぶように全力で走ります!!!!

 

今年もPLAYFUL、ヒミツキチ森学園をどうぞよろしくお願いいたします!^^


これを読んでくださった全ての方に

幸せなじかんが流れますように^^

f:id:earthproject:20190104145338j:plain

PLAYFUL

 

人生を賭けて取り組んでいくもう一つのPROJECTついに始動

 

 

私が一般社団法人PLAYFULという法人を立ち上げて

2020年にヒミツキチ森学園を開校すべく169人のプロジェクトチームの皆と日々奔走しているのには理由があります。

 

 

どうしても、どうしても。
叶えたい3つのミッションがある。

 

 

 

1)たくさんのプロジェクトメンバーたちと一緒にヒミツキチ森学園を開校させること

2)三浦半島から教育のうねりを起こすこと

3)自分のどまんなかで生きられる人たちが連鎖的に増えていくこと 

 

 

そのために、今私は、ここに、いる。

 

 

学校をつくって終わりじゃない。

それが目的じゃない。

本当に本当に私が心震えるほど見たい世界。

 

 

 

それは

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

愛とギフトの世界

誰もが自分のどまんなかで生きられる世界

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そのために

PLAYFULとして、ヒミツキチ森学園事業と並ぶ規模で今後本腰を入れていくもう一つのプロジェクトがついに、ついに、始動します。

 

 

 

半年間、本当に煮詰めに煮詰めて

本質だけを抽出した。

一切の妥協なく、私のどまんなかの全身全霊でつくりこんだプログラム。

 

 

 

私が、ヒミツキチ森学園と同等のレベルで取り組んでいくというだけで

いかにこれが本気のプログラムかを分かってもらえるのではないかと。

 

 

自分のどまんなかにアクセスするプログラム

 

" seed "

 

f:id:earthproject:20181222191011j:plain

 

リリースします!

 

 

 

 

・・・


自分の人生の舵をもつということ
 
自分の椅子に座るということ
 
自分の奥の深いところが呼応するもの
 
私たちは本当は知っている
 
 
 
seedは
  
自分のどまんなかに触れ
 
自分の一番あったかいところを思い出す
 
「自己探求」の旅
 
 
 
無理やり何者になる必要もないし
 
無理に新しい何かを始める必要もない
 
無理に探す必要もない
 

 
ただただ
 
自分の一番深いところに
 
何があるのだろうと
 
 
ある人は眺めるでしょう
 
ある人は手にとって触れるでしょう
 
ある人は胸に刻むでしょう
 
 
 
そこには
 
あなたに「今」
 
いちばん必要なものが
 
必要な分だけ”在り”
 
あなたを待っています
 
 
 
自己探求の旅 ”seed” へようこそ 
 

 

 
➖➖➖➖➖➖
seed 1期
➖➖➖➖➖➖
 
●日程
全4回プログラムです。
 
1st stage : 2月9日(土)
 自分の現在地を知る
 
2nd stage : 2月23日(土)
 原理原則を知る
 
3rd stage : 3月9日(土)
 信念をアップデートする
 
last stage : 3月23日(土)
 seedにアクセスする
 


▼お申込みはこちらから
https://bit.ly/2QMBS78
 

 

1期はヒミツキチ森学園のプロジェクトメンバー限定で先行配信&先行受付をしているので残り3枠と限られていますが

 

これから2期..3期と続いて開催していくので

seedの空間で皆さんにお会いできるのが楽しみです^^

 

ヒミツキチ森学園 オータムスクール2018開催決定!

f:id:earthproject:20181012193402j:plain


ヒミツキチ森学園オータムスクール2018

~対話と共創の世界に触れる~



2020年に開校するヒミツキチ森学園が

今回選んだテーマは「秋祭り」


サマースクールで創った秘密基地がお祭りの出店として生まれ変わります^^


「対話」と「共創」の世界に親子で触れることで

この秋「自分を知り」どまんなかを生きる世界を体験してみませんか?


みなさんとお会いできることをとても楽しみにしています!




何をするの?


子どもも大人も一緒になって「秋祭り」を開催します

私たちが用意したものに参加してもらうのではなく、自分たちで対話をして共創していきます。


自分はどんなお店に心がワクワクするのか

どんな方法が考えられるのか

何の役割がしっくりくるのか

何をどう提供しどんな価値を付けていくのか

誰にどんな風に聞いたら解決できるのか


"対話""共創"を通じて"自分を知り"、【自分の人生を生きる力】の学び方を学びます。



私たちが大切にしていること


1:対話

2:共創

3:自分を知る(内省)


1:対話

自分の気持ちを皆に伝えること、他の人から意見を言われるのは決して攻撃ではなく一つの対話のキャッチボール。

自分の意見を押し付けるでもなく、何でも受容してしまうのでもなく、問いを立てながら本当に意味のある話し合いをする力は、人と人が関わって助け合って生きていく社会でとても必要な力になります。


2:共創

全て自分一人でなんでも出来る必要はありません。誰かの苦手は誰かの得意。

一人で進むよりも、みんなと共創することで一人ではいけなかったところに到達出来るかもしれません。


3:自分を知る(内省)

やってみて終わりではなく、その後に振り返ってみる。うまくいったのか、いかなかったのか。そこから何を感じたのか?自分はどうしたいのか?

自分の心の声の状態に耳を傾け、そこからまた自分で次につなげていくサイクルを確立していきます。



ヒミツキチ森学園のコンセプトは【自分のどまんなかで生きる】

「自分の心が本当に望む人生を生きる力」を六年間かけて育んでいきます。


オータムスクールではこの3つの柱を全て分かりやすく体感できるように、まさにスタッフで対話に対話を重ねプログラムを組みました。

そしてまさにお子様だけでなく、大人の皆さまにもこれらを肌で体感して頂けるプログラムを用意しております。


===========================================================


プログラム内容(予定)


1日目 

午前:

自分を知るためのワークショップ(自分を知る)、宝探し・秋祭り準備(対話・共創)

午後:秋祭り準備(対話・共創)


2日目 

午前:宝探し・秋祭り準備(対話・共創)

午後:秋祭り本番!(対話・共創・内省)



日時


20181117日(土) 10:00-15:00

20181118日(日) 10:00-15:00


2日間に渡ったプログラムになりますので両日参加をお願いします。また、同時に学園説明会(保護者の方向け)も行います

雨天の場合は一部プログラムを変更して雨天実施となります。荒天の場合は中止となりますので、中止の場合は前日18時までにメールにてご連絡いたします



対象


201342日生まれ~200541日生まれのお子様とその保護者

・対象年齢未満のご兄弟もご同伴いただけます


参加費(2日間)


・親子1組(大人1+対象年齢のお子さま1名) 13,000

・お子様1名追加につき5,000


いずれも、2日分の昼食、保険料込みの金額です。


保護者の方の追加、対象年齢未満のお子様は、1日あたり以下の料金でご参加いただけます(昼食、保険代込み)


・保護者1名追加 2,500

・対象年齢以下~2歳までのお子様1,000

2歳未満のお子様は無料ですが昼食はつきませんので、申し込みフォーム内にて事前連絡の上、昼食をお持ち込みください。


また、それ以外の参加方法をご希望の方はお問い合わせください。


昼食はSYOKU-YABOの無農薬・無化学肥料の野菜と、一切添加物の調味料不使用の身体に優しいメニューをご用意しております

2歳未満のお子様のお食事はご持参ください。

大人の方のみの参加は出来ません

 

申込方法


・以下のフォームにてお申し込みください。

https://goo.gl/forms/I9Z9Y6ZekSwjnxZa2


お支払い方法


・申込フォームより振込みをお願いします


===========================================================

キャンセルポリシー


キャンセルの連絡

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、PLAYFUL事務局(ヒミツキチ森学園)までご連絡ください。

メール:playful.base@gmail.com

ご参加をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。お申し込み前に必ず以下をご確認ください。


キャンセル料

・開催当日~2日前のキャンセル:参加費の100%

・それ以前のキャンセル:無料

弊社からの返信を持ってキャンセル確定とさせていただきます。

弊社都合による日時の変更や開催中止の場合を除き、返金時は、振込手数料を差し引いて返金させていただきますことをご了承ください。

===========================================================



開催場所、アクセス


SYOKU-YABO農園

http://syoku-yabo.com/access/

アクセスの詳細は参加者の方に別途ご案内させていただきます

===========================================================


お問い合わせ

 playful.base@gmail.com



主催:PLAYFUL(ヒミツキチ森学園)

http://playful-base.com/base/


協力:SYOKU-YABO農園

オータムスクール開催決定!

f:id:earthproject:20180913192042p:plain

 

 

お待たせしました!
【ヒミツキチ森学園 オータムスクール 開催決定!】
 
11月17日(土)&18日(日)@SYOKU-YABO農園
 
 
2020年に開校するヒミツキチ森学園のベースとなる
「対話と共創」を通して、
 
この秋、自分を知り、自分のどまんなかを生きる世界を、
親子で体感しませんか?

  
夏休みに50名を超える親子からご参加いただいたサマースクール。

 
「2日間の対話で、子どもも大人も世界が広がりました!」
「他者との関わりの中で、自分の好きを知る体験ができました」
 
 
という嬉しい感想と共に、
惜しまれながら幕を閉じたサマースクールが、
秋のSYOKU-YABO農園に帰ってきます。
 
 
前回のワクワクを
もう一度感じたい方
 
はじめまして!の方
 
大人も子どもも関係なく
互いに教え合い共育するヒミツキチ森学園の
“対話と共創の世界”を体感しにきてください。
 
今回もワクワクの塊のようなスタッフが
みなさんのご参加を心よりお待ちしております!
 
 
詳細やイベントページは近日公開いたします。
 
ご興味のある方は
チェックしていてくださいね。
 
 
メインビジュアル:
ヒミツキチ森学園デザインディレクター
Akira Watanabe
https://www.facebook.com/akira.watanabe.12